同窓会への住所登録・変更はこちらから

同窓会への住所登録・変更はこちらから

附属住吉中学校写真集

Twitterボタン

ニュース

前同窓会長の不祥事について(2)お知らせ

2011年3月16日に附属中学校の閉校式が行われ、中学校体育館で行われた式典には約700人、ホテルで行いましたレセプションには約300名の先生方、卒業生にお集まりいただきました。神戸大学教育学部が発達科学部へと改組されて以来、その存続について厳しい状況が続いていた私達の母校が、大学附属の中等教育学校として新生することを賑やかに祝うことができました。


ただこの記念式典への参加費、寄付金を前会長が不正流用したことから支払いが滞り、事件発覚につながりましたことは、母校の新しい船出に際し残念でなりません。

記念式典関連の未払金は本会計資金だけでは補填できませんでしたので、常任幹事の方々から寄付・貸付をしていただき、全ての支払を終えることができました。

前会長による横領の被害は、小学校同窓会で約1200万円、中学校同窓会の閉校式実行委員会で約500万と大きな金額になっており、決して許すことはできないという思いです。

また九重会のお金は、子供達の為に保護者の皆さんが積み立ててこられたもので、それを同窓生が横領してしまったという事実は、同じ同窓生として申し訳なく無念でなりません。


小学校同窓会、中学校同窓会は7月末に評議員会、常任幹事会を開き、前会長を解任し、石原徹さん(45回生)を会長代行を選出し急場の対応にあたっていただきました。その後、9月10日に学年代表幹事会を開催し、会則の変更を行い、井上耕一(24回生)を会長に選任し、法的手続きの為の弁護士への委任を決議しました。
これにより告訴に向けた体制が整いましたので、九重会とも歩調を合わし、9月28日兵庫県警本部に告訴状を提出いたしました。
前会長は小学校同窓会の資金流用の件で11月23日に逮捕され、12月14日に起訴、2012年2月2日に初公判が行われました。事件の全容は裁判を通じて明らかになっていくことと思います。


今から2年後の平成26年には小学校の最後の卒業式があります。そしてその翌年には中等教育学校1回生が卒業します。小学校の最後の卒業生を受け入れ、中等教育学校の皆さんをきちんと迎え入れる事ができるよう、平成26年の春までに同窓会を立て直すことが急務と思っております。皆様のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


神戸大学附属住吉中学校同窓会
神戸大学附属住吉小学校同窓会
会長 井上耕一(小1970卒・中24回生)


九重会からのお知らせへ

2012年2月27日

トップへ戻る